読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国茶的日々

2005年に上海田子坊で中国茶の店『臻茶林』を始める。北京南鑼鼓巷、浙江省烏鎮、江蘇省天目湖に支店。

2012年末所感

あの頃は絆という言葉が流行っていましたね。

昔の記事を回顧していたらこんなのが出てきた。

 

ゆがみてふたのあはぬはんびつ 

とっくに捨て去ればいいものだがただ捨てるのももったいなく、何か工夫の仕様で使い道がないか頭ひねって考えて、思いを十分にかけてあげるのがこれまで自分のために尽くしてくれた物たちへの感謝であり同じ世界に存在するものとしての作法である。 

物の豊富に有り余る今、意図するしないに関わらず様々な役目を持った物たちが自分を助けてくれ、役目を終えて感謝もされずに去っていく物もあれば次に備えてそばで待機してくれるものもある。 

大量生産大量消費という欧米スタイルが何の疑いもなく世界中で是とされてきた。 
経済活動が人間の幸福を増大させると信じて歩んできた現代文明。 
確かに生活は便利になり人は安楽な生活を享受できるようになったが、 
その代償として失ったものの大きさを意識する人は少ない。 

経済が人間を豊かにさせてきたのに、今や人間は経済の奴隷のごとし。 

最近の天変地異の異常さはもし神なるものが存在するとしたらあるいはそれが人にそのことを思い出させようとしているのかもしれない。 
思い上がるなよ、お前たちの築いてきたものなんて一瞬で消え去るもの。 



2012年はマヤ暦で世界の終わりと言われている。 

2013年から始まる新しい世界においては、本当の絆の大切さ、家族の絆、友人の絆、動物や植物との絆、何も言わず自分を支えてくれているものたちとの絆、それを一人一人が心の底に据えて一日一日をいとおしんで暮らすようになりますよう。

 

 

f:id:koryan2001:20150225115232j:plain

上海お寺参り事情

今日は旧暦の正月5日、中国では財神の誕生日ということで、

社長も庶民も今年一年のご利益(文字通り!)祈願にお寺参りに行く方が多いです。

昨夜は前夜祭(イヴですね)で、財神を迎える爆竹がまるで地鳴りのように上海中に響いていました。

で、

私も今日、店に行く途中にある龍華寺というお寺にお参りに行ってきました。

余談ですがこちらに来る前は中国は共産党の国だから、宗教なんて否定されてお寺なんかないんだろうと思っていましたが、

やはり庶民の信仰心を完全に消し去ることはできなかったのでしょう、上海にもいくつかお寺は残っています。

香港や台湾は至る所に古いお寺がありますね。

こちらでは古寺というのはあまり見られません、お金ができれば古いのをぶち壊して鉄筋コンクリーのすごいの建てるのがいまだ主流のトレンドなので。

 

それにしても今回はお寺の商業化ぶりにびっくりです。

以前は門前でお香料(20元=約400円)を払ってお線香をいただけたのですが、今日は何もくれない。

中に入るとお線香売り場がありお線香3本で20元から。

仏様にお線香あげるのが目的できていますから買わない人はいません。

その上入場口に「自前のお線香は持ち込み禁止」と張り紙がしてあります。

で、

お寺の境内に入って最初に迎えてくださるのがこちらでいうところの「弥勒」、

太ったハゲ頭のおじさんがガハハと笑っている金ピカの神様です。

中国の福の神ですね。

「よくきたなー、賽銭がばがば入れてけよー!」と言われてる感じ。

お線香に火をつけてお賽銭を入れ、こちらの作法で三回お辞儀をしてお参りします。

いくつかのお堂が直列に並んでいて、人ごみに押されながらそれぞれのお堂に鎮座まします神様仏様をお参りしながら進みます。

お寺だけど、道教の神様も仏教の神様もたくさんいらっしゃる。

たくさん賽銭箱がある。

最後のご本尊をお参りして、出口の精進料理屋で年越し麺を食べていつも帰るのですが、これがまた高くなってる。いわば野菜椎茸キクラゲソーメンが一杯30元(600円くらい)、市場価格だとおそらく10元程度で食べられそうな麺です。

学生食堂のようにならんで食券を買い、カウンターで麺を受け取り、空席を探して腰を下ろし、食べたら食器は自分で下げる。

厨房も10人以上のシェフおじさんおばさんが、麺をゆでる係、どんぶりに分ける係、キクラゲ係、椎茸係、など、まるでトヨタの工場を思わせる流れ作業ぶり。

まあ年に一度のことなので散財してきましたが、

来年は別のお寺にお参りに行きそうな気がします。

香港で中国人客ボイコットが起こった件について

香港のデパートなどでマナーの悪い中国からの客にもの申すという運動があったようだ。

諸外国からいろいろメディアに取り上げられ、中国のメディアでさえ中国人のマナーの悪さを話題にしている。

 

今日店でお茶飲みながら、中国人の家内や先日日本旅行してきた家内の友人が話していた。

続きを読む

新年快楽!

田子坊から、新年のご挨拶をさせていただきます。

f:id:koryan2001:20150217223830j:plain

 

店もちょっとにぎやかに飾り付けました。

今年もよろしくお願いいたします。

f:id:koryan2001:20150217224153j:plain

story1

f:id:koryan2001:20150215214137j:plain

 

「お母さんただいま。はい、これ、おみやげ。」

「なあに?」

「人参ウーロン茶。とっても不思議な味、今まで飲んだことのないようなお茶よ。」

和美はそう言って母にクラフト紙に包まれた小さなお茶を手渡した。

「へえ・・・」

恵子は早速急須を取り出し、娘に貰った茶葉の包装を開けた。

「あら、これ、お茶?変わった形ね。」

「うん、お湯は100度の熱いので淹れるんだって。」

 

人参ウーロン茶、台湾の高山烏龍茶に西洋人参を粉末状にしてまぶして作る。

見た目は緑の砂利のようだ。

 

「中国、どうだった」

「うん、なんかね、何でもありの国って感じね。今の日本に無くなった熱気みたいなのがまだカオスみたいに至る所にあるって感じ。」

 

お茶を湯のみに注ぎながら、中国の土産話が始まった。

「どこに行ってもすごい人なのよ、田子坊っていうところがあってね・・・」

「あら、本当に不思議な味。のどの奥にじわーっと甘みが残る感じ?」

「でしょ?それでね・・・」

 

娘の話は延々と続く。

何度淹れてもいつまでも味が消えないお茶とともに・・・

 

商品详情 - 微店

万里の長城

先日北京に行ってきました。

f:id:koryan2001:20150215191111j:plain

北京には何カ所か観光用に開放している万里の長城があります。

 

以前は八達嶺というところ、長城観光のメッカみたいなところですね、

そこへ行きましたが、もう人だらけ。

せっかくの景観も台無しです。

 

今回は慕田峪というところに行きました。

時期もあるのでしょうが写真取る際には他の客が映り込まないほどガラガラにすいていました。

いにしえに思いを馳せる。

ゆったりと堪能してきました。

f:id:koryan2001:20150215191707j:plain

記事を書くページが開くまでに3分くらいかかる。

今度は写真のアップと、

mixiへ繋がる設定後、mixiからtwitterやfacebookまで届くのかテスト。

写真がどこまで届くかもテスト。

これらの写真は自宅寝室にて撮影。

気持ち的に空気をきれいにしてくれる。

f:id:koryan2001:20150207154423j:plain

f:id:koryan2001:20150207154429j:plain

f:id:koryan2001:20150207154439j:plain

f:id:koryan2001:20150207154448j:plain

 

f:id:koryan2001:20150207154503j:plain

とりあえず使い勝手を見てみます。

上海エクスプロアブログにかれこれ10年近く投稿していただろうか。

サーバー移転に伴い、整理されてしまったため、

日頃の感想を発表する場が無くなってしまった。

それでとりあえずここにブログを開いて様子を見てみることにした。

初日の感想、スピードが遅い!

ページが開くまで1分以上かかっています。