中国茶的日々

2005年に上海田子坊で中国茶の店『臻茶林』を始める。北京南鑼鼓巷、浙江省烏鎮、江蘇省天目湖に支店。

日本の変質予想と理想 労働は義務じゃないでしょう

価値観の多様性に厳しい日本社会において、
ある日ふと疑問が湧いて授業をサボる、というのは私も高校時代に経験したことがあります。
たまたま自分は束縛されることなく自由に生きてこられたので引きこもりにもならなかった。
でも親や社会に道を決められ押し付けの価値観に逆らえずに生きていてあるとき緊張の糸がプツンと切れてしまった、
それでも押し付けられた価値観にさいなまされ自分の存在意義が見えなくなってしまった人たちにしてみれば、
引きこもりとか自死とかそういう形になって現れるのでしょうか。


自分は世の中の一員である。
この世界がなければ自分は無かったし、自分が消滅するときは自分の見ているこの世界も同時に消滅してしまいます。
実際には自分が居なくなっても世界は残っているのですが、
そんな残っている世界なんて消えゆく自分にとっては何の意味も持たなくなる、
自分にとっては消滅するのと同じです。

たまたまこの世に生まれてきてしまった。
なぜ生まれたかなんてわからない、
でも生まれて自分がここに存在する以上は自分というものがあり、世界があり、
ならば毎日楽しく有意義に「与えられた時間」をつかいたい。

「労働は義務」というのは与えられた価値観としてそっぽをむく時期もあるかもしれない。
誰しもこの世の中の一員である限り、この世の中があって初めて自分が存在しているのであり、

楽しいことも苦しい事も食べるものも何もかも全て世の中から私へのプレゼント。
この世の中に恩返しをしたいというのは自然な気持ちなのではないかと思います。
だから労働は義務ではなく、世の中に貢献する手段だと思います。

ただ、いまの社会は資本主義という価値観にほとんどの日本人が洗脳されてしまっています。
多様な価値を認めたがらない。
認めると資本主義が成り立たないから。
そして洗脳を拒んできた人たちは変人か精神病扱いされるので、引きこもるという形で社会から隠れるしかなかったのではないでしょうか。

そもそも資本主義は永遠にコストを安くし続けなければ価格競争に勝てない社会なのです。
ちょっと前まで中国は世界の工場といい世界中の企業が安い労働力を求めて殺到しました。
今は中国は巨大な消費市場になってしまいコストが高くなったので、企業は更なるコストダウンのために東南アジアやインドを目指している。
永遠に貧困地域を食い物にするシステムだと私は思います。
というか、もともと自分たちが貧しくて不幸だと思っていない人たちに、それこそ価値観を押し付けてその地域を労働力として育て取り込んでいく。

資本主義も行き詰まりを感じ始めているころ、マネーに特化した新たな経済システムがそれを引き継ぐ。
資本主義はまだものを生産するが、株やファンドなどのマネー経済はお金が右から左に動くだけで利益が出る。
カネを持っている人とそれを動かす人が儲かる。
何も生産しない。

もういい加減にしてくれよ!と思う。

人間って、何のために生きているんだ?
他人に使われ、他人を儲けさせるため?

私は、自分が生きている以上は他人の手段になるのではなく、自分の主宰者になるべきだと思う。
自分がやりたいこと、いいと思ったことをやればいい。
死に際になってあのときああしておけばよかったなんて後悔する人生にはしたくありません。
自分が楽しいと思うことが別の人に楽しいと思ってもらえるなら素晴らしい。
他の人と楽しいことを共有し、他の人と一緒に楽しいことができれば、それが社会への恩返しじゃないのかな。
それが社会の一員としての喜びであり、責任なんじゃないか。

あるきっかけで「里山資本主義」という本を読みましたが、
そこにこれから日本の生き残り方と世界のリーダーとして新たな価値観を提供してゆく未来を見たような気がします。

今日本は大変化の瞬間にあると思います。
移民という形で外国から安い労働力を確保することで無理やり資本主義経済を維持しようとしている。
あくまで今の体制にこだわり続けるなら低賃金で異国から来るワーカーを確保して彼らを働かせ富を生産させ、それを働かない日本国民が享受する社会になる。
それがみんなの望む社会なのでしょうか?

少なくとも私は嫌です。
それぞれの人がそれぞれの場所でそれぞれの形で楽しく生きて欲しい。
それぞれに違いはあってもできる形でそれぞれの社会に貢献しながら、
お互いに違いを認めあえる社会、その違いを生かせる社会、
そんな未来を夢想します。

f:id:koryan2001:20181101204936j:plain